ツイッタードリル人文科学・解答2

【No.6】元老院からアウグストゥス(尊厳者)の称号をあたえられたオクタウィアヌスは、共和政の伝統を尊重しながらも、専制君主制(ドミナートゥス)と呼ばれる統治を始めた。○か×か(特別区など市町村H25改題)

解答:× 解説:「専制君主制(ドミナートゥス)と呼ばれる統治を始めた」が間違い。正しくは、オクタウィアヌスは、独裁制はしなかった。元首制という政治体制が正しい。

 

【No.7】二人の正帝と二人の副帝をおく四分統治を始めたディオクレティアヌス帝は、皇帝の権威を高めるため、元首政(プリンキパトゥス)と呼ばれる体制をうち立てた。○か×か(特別区など市町村H25改題)

解答:× 解説:「元首政(プリンキパトゥス)」が間違い。正しくは、専制君主制(ドミナートゥス)である。

 

【No.8】テオドシウス帝は、ミラノ勅令でキリスト教を公認し、ニケーア公会議を開いて、三位一体説をとるアタナシウス派を正統とし、キリスト教の教義の統一をはかった。○か×か(特別区など市町村H25改題)

解答:× 解説:「テオドシウス帝」が間違い。正しくは、アタナシウス。

 

【No.9】コンスタンティヌス帝は、財政基盤を整備するため、コロヌスを土地にしばりつけて税収入を確保し、人々の身分や職業を世襲化し、また、都をローマからビザンティウムに移し、コンスタンティノープルと改称した。○か×か(特別区など市町村H25改題)

解答:○ 解説:そのとおり!

 

【No.10】帝国を東西に分割したユスティニアヌス帝の死後、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)はなお1000年以上続くが、西ローマ帝国はゲルマン民族の傭兵隊長オドアケルによって滅ぼされた。○か×か(特別区など市町村H25改題)

解答:× 解説:「帝国を東西に分割したユスティニアヌス帝の死後」が間違い。正しくは、テオドシウス帝である。